PR

海原ともこ、怪我からの復帰!原因や手術の結果は?

女性コンビ
スポンサーリンク

関西では冠番組を持つほど

売れっ子の女性漫才師の海原ともこさん。

昨年怪我で休まれて番組でお見かけしない時がありました。

大きな怪我をされて手術も受けてらっしゃたとか。

無事、怪我から復帰されて年末にはM1審査員も務められましたね。

何が原因で手術を受けるほどの怪我になったのか?果たしてその結果は?

調べてみました。

スポンサーリンク

海原ともこ、怪我の原因と名前は何?

足を怪我がした原因はスキーでの転倒です。

家族旅行でスキーをしている時に急な斜面で転倒されたようです。

若い頃には、全然滑れていたので今回も行けると思ったら、

思ったよりもエッジが効かずに転倒されたようです。

若い頃のようにはいかなかったんですね。

こけた瞬間、やすよさんに怒られるのが怖すぎて、痛みも寒さも感じなかったそうです。

立とうとしたら立てなかったそうです。

見回りしているレスキューの方が転倒したところを見てらっしゃって、

すぐに運んでくださったそうです。

不幸中の幸いで良かったですね。

1月6日にふくらはぎに痛みを感じ、10日に精密検査を受けた結果、

「右足ふくらはぎ肉離れ及び右膝前十字靭帯断裂」と診断されたそうです。

痛そうな名前ですね。

お正月休みだったのでしょうか?

家族旅行でスキーをするってアクティブですね。

子供さんも小さい時からスキーに親しんでいると、大人になっても楽しみが広がりますね。

私は大人になってからスキーを練習したので、結構苦労しました。

急斜面は怖くてスピードがでるので、上手にこける練習をやった覚えがあります。

ともこさんはお上手だからどんどん攻めたスキーができるんですね。

大きな怪我だけど、それ以上の怪我にならなくてよかったですね。

運動神経の良さでカバーできたのでしょうね。

スポンサーリンク

怪我で手術⁉入院もしていた?

「右足ふくらはぎ肉離れ及び右膝前十字靭帯断裂」と診断の結果、

手術のための入院と術後1-2カ月の療養が必要とのことでした。

舞台は休演し、歩いていくロケは延期。

手術後、1月14日(土)の「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」の生放送には

出演されていたので、座ってできるお仕事は休まずに出演されたようです。

すごいプロ根性ですね。

一月に予定されていた中川家とのノープランロケは延期し、

2月にもう一度予定を組みましたが、まだロケができるほど足の怪我が治っておらず、

完全に治るまで白紙となりました。

2023年6月18日放送の「 やすとものどこいこ!?」では

ともこさんがお買い物コーナーで復帰されているので、約半年はかかる大きな怪我だったんですね。

大きな怪我や病気をするとお仕事への影響があるので大変ですね。

でもともこさんは手術後も動ける範囲でお仕事に出られて、すごいプロ根性を感じます。

その程度のお怪我で本当に良かったですね。

ロケの延期も気心の知れた仲間であれば、多少は気が楽ですね。

怪我された時は妹さんに怒られるとビビッてらっしゃいましたが、相方が妹さんで良かったですね。

もう怪我も治ってお仕事されていますが、

今後も無理せずに体調と相談しながらお仕事を続けていただきたいですね。

スポンサーリンク

怪我からの復帰がM1審査員?

座ってできるとはいえ、世間の注目も大きいM1審査員を務めることになったともこさん。

とにかく足の怪我がちゃんと治ってよかったです。

2023年12月24日がM1決勝日なので、審査員の人選はもっと前にされてますよね。

中川家の礼二さんとM1の審査について互いの感想を話し合う仲だそうです。

ともこさんも漫才歴30年。

上方漫才大賞等、数々の受賞歴もあり、

漫才の実力はビートたけしさんも認めるほど、お墨付きです。

2021年まで上沼恵美子さんが6大会連続通算9度の審査員を務めました。

2022年は山田邦子さんが新審査員として話題になりました。

上沼恵美子さんの後の女性審査員は誰かな?と考えてみると

ハイヒールリンゴさんかな?と思ったのですが、

「女性芸人No.1決定戦 THE W」の第3回〜第5回の審査員として出演されていましたね。

海原ともこさんはリンゴさんより年齢は若いけど、

漫才の実力や知名度は負けないものがありますね。

SNSによる世間の評価も好意的でした。

漫才の審査も一般人の感覚に近く、分かりやすい説明で概ね高評価だったのではないでしょうか。

ともこさんが審査員と知って、上沼さんの後を引き受けはったんやー!

すごい度胸やなと思いましたが、ともこさんも関西では大御所漫才に迫る勢いの名漫才師。

数少ない女性コンビを幼い頃から続けて、今も第一線で活躍中です。

庶民感覚をお持ちで本音で語れる貴重な女性タレントさんでもあります。

衣装の雰囲気では足の怪我は全然感じませんでしたが、ヘアスタイルも衣装もおしゃれでしたね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました