PR

ほんこん板尾創路130Rは解散?不仲?板尾創路の若い頃がヤバイ!

男性コンビ
スポンサーリンク

ほんこんさん、板尾創路さんの漫才コンビ「130R」。

昭和世代には懐かしいコンビです。

長らくコンビとしての活動が見られないので、

130Rは解散したの?とか、不仲なの?

という声をネットで見かけます。

役者として活躍されてる板尾創路さんの若い頃が

ヤバイくらいイケメン!という声も。

調べてみました。

スポンサーリンク

130Rのwikiプロフィール

130R 板尾

本名:板尾創路(いたお いつじ)

生年月日:1963年7月18日 60歳

出身地:大阪府富田林市

身長:177cm 体重:62kg

血液型:A型

ボケ担当

吉本興業所属

NSC大阪校4期生

130R ほんこん

本名:蔵野孝洋(くらの たかひろ)

生年月日:1963年(昭和38年)6月16日 60歳

出身地:大阪市平野区

身長:172cm 体重:70kg

ツッコミ担当

吉本興業所属

NSC大阪校4期生

1985年、2人はNSC大阪校に4期生として入学します。

在籍中にネタの発表会があり、板尾さんはその場限りのつもりで

「ホンコン・マカオ」というコンビを組みました。

ほんこんさんはNSCの同期である今田耕司さん(旧芸名:上ロース)に

誘われて、芸名を「骨付きカルビ」と名付けて

「ダブルホルモンズ」としてデビューしました。

今田さんの遅刻癖がひどく、いい加減すぎて、

ほんこんさんは「お前とはできひん」となってダブルホルモンズは解散。

その後「ホンコン・マカオ」の板尾創路さんからコンビ名を譲り受けて、

1986年同じくNSC4期生の松本秀文さんと

漫才コンビ「ホンコン・マカオ」を結成しました。

お笑いMVPを獲得したこともあった

期待の若手漫才コンビでした。

何が原因かわかりませんが、仲が悪くなって、

最後は喧嘩別れし、マカオさんの松本氏は

芸人を辞めたため1987年5月ごろに解散。

その後ほんこんさんは板尾さんに声を掛けられて

コンビを組むことになります。

1987年、漫才コンビ「130R」を結成しました。

ホンコンさんの最初の芸名が美味しすぎますね。

今田耕司さんと漫才コンビを組んでたんですね。

私は今田さんは東野さんとコンビを組んでたと勘違いしてました。

今もテレビで共演されることが多いですよね。

昔からのつながりもあるのかな?

息があって、話が盛り上がりますよね。

スポンサーリンク

130Rのホンコンさんは、なぜほんこんさん?

しばらくは関西圏を中心に活動していましたが、

1991年12月よりフジテレビの「ダウンタウンのごっつええ感じ」の

レギュラーとなり、次第に全国区の知名度を得るようになりました。

「130R」時代の当初の芸名は本名の蔵野でしたが、

『ごっつええ感じ』の出演者のダウンタウンから「ホンコン」と呼ばれ、

共演者の今田さんや東野幸治さんからは「ホンコンさん」と呼ばれていました。

本名で呼ぶ人の方が少なかったそうです。

1997年の「ほんわかテレビ」で芸名を

ひらがなの「ほんこん」に改名したそうです。

私も蔵野さんがなぜ「ほんこんさん」なのか?知りませんでした。

昔のコンビ名だったんですね。

見た目が日本国籍にみえないとか、謎めいた感じにしたのかな?

今ではほんこんさんと言えば、すぐに浮かびますよね。

それくらい知名度はありますね。

スポンサーリンク

板尾創路の若い頃がヤバイ!

今は還暦を迎えた板尾創路さん。若い頃の姿がイケメン!と話題になっています。

ネットでは板尾創路の若い頃の顔立ちが、ラルクアンシエルのHYDEさんにそっくりとか。

今もイケメンだったころの面影は感じられますね。

スポンサーリンク

ほんこん板尾創路130Rは解散?

現在二人は活動休止中なのか?

はっきりわかりませんが、解散はしていません。

順調なコンビ活動を続けてきた130Rですが、

1997年『ダウンタウンのごっつええ感じ』の終了を機に

2人の関係に異変がおきていきます。

ほんこんさんいわく、このころから

「コンビ間の距離は離れていった」そうです。

仲の良かった2人がささいなことでケンカするようになり、

俳優としても評価されるようになった板尾さんが

ドラマや映画の仕事で多忙になる一方、ほんこんさんは

休みが増えていき1人モヤモヤを抱えていたそうです。

そんなほんこんさんにショックな事が起こります。

2001年、板尾さんは木村祐一さんと漫才コンビ「イタキム」を組んで、

『M-1グランプリ』に出場し3回戦まで進みました。

板尾さんはほんこんさんに、何の説明もしていないのでしょうか?

だとしたら、ほんこんさんも驚きですよね。

板尾さんは2003年にはひとり舞台の公演を行い、

その後もテレビドラマや映画、舞台へと

俳優として活動の場を広げていきました。

2005年頃には、役者の活動が目立ち、自身のインタビューで

「もう僕らの時代じゃない」「笑いに未練もない」と語ったそうです。

板尾さんは、漫才ではなく役者や映画監督として、

表現する活動をされてますね。

ケータイ漫才の大喜利番組にも出られてたことがあるので、

お笑いから引退されたわけではないと思います。

ほんこんさんは相方とよく揉めますね。

そのあたりに何か原因があるのかな?

お互いの価値観が違ってきたりしたのかな?

スポンサーリンク

ほんこん板尾創路130Rは不仲?

先ほども書きましたが、以前は不仲であった時期もありますが、

今は不仲ではないようです。

関西の番組に2人で出演した際、不仲ではないとおっしゃってました。

板尾さんは俳優や映画監督。

ほんこんさんは、お笑い番組や情報番組のコメンテーターとして、

テレビでよく拝見します。

お互いピンとしての活動が順調そうですね。

今後活動したくなったら、2人のコンビがまたみられるかもしれませんね。

成熟したお二人のトークを楽しみにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました