PR

麒麟田村のバスケの実力は?スクールはどこ?出身高校、結婚相手もバスケ選手?

男性コンビ
スポンサーリンク

今やバスケ芸人と言えば、麒麟の田村さんが

一番に思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

芸人になっても学生時代から

続けているバスケの実力やいかに?

趣味だけでなくバスケに関連するお仕事も増えています。

その効果か?バスケのスクールも開いてらっしゃるとか。

もしかして結婚相手もバスケ選手なの?

なんてうわさがあったりなかったり。

出身高校でのバスケの実力も調べてみました。

スポンサーリンク

麒麟田村のバスケの実力 

週7日しか無いなか”週8でバスケをしている”と

テレビなどでおっしゃっている麒麟の田村さん。

田村さんは「SLAM DUNK」が流行る前からバスケをされてるそうで、

小中学生時代からバスケをやっていたとのことです。

高校生の頃はレギュラーで、腕前は相当だったようです。

プロチームのトライアウトも受けていらっしゃったそうです。

バスケットが大好きで今でもプレイを続けてらっしゃるだけあって、

現在も実年齢とは思えない動きだそうです。

スポンサーリンク

麒麟田村、バスケスクールのオーナーってホント?

麒麟の田村さんがプロデュースされてる

バスケットのスクールが関西を中心にあるようです。

近く東京にも進出するそうです。

大人のバスケットスクールは「オトバス」と言います。

子供のバスケットスクールは「コドバス」と呼ばれています。

「コドバス」では、子供たちにスポーツの楽しさや、努力の大切さを伝え、

スポーツを通して、礼儀礼節や子供の成長をサポートするそうです。

バスケットボールはチームワークも大切なので、

少子化では学びにくい、人のつながりの大切さも学べますね。

田村さんはスクールオーナーだけでなく、

2014年からは3×3(3人制バスケ)チームの

「TOKYO DIME」の共同オーナーも務めています。

好きなバスケをずーっと続けていたら、

お仕事や可能性が広がってますよね。

田村さんのお人柄もあるのでしょうが、

どうしたらそんなに広がっていくの?

好きなことをやり続ける熱意も高いのかもしれませんね。

いつか秘訣も教えていただきたいです。

スポンサーリンク

麒麟田村、出身高校でもバスケしてた?

麒麟田村さんの出身高校は大阪府立吹田高校です。

小中学生の時からバスケットボール部だったので

高校時代もそのままバスケットボール部に所属されてたそうです。

貧乏でご飯をたくさん食べられないのでパワーはないけど、

身長が高いのでセンターというポジションを担当されてたそうです。

オフェンスでは何もできないから、常にフロアバランスを意識して動き、

偽シューターの役割を担当したそうです。

この経験がバスケットを見る目が養われることになり、

今の活動に活きているそうです。

バスケットボールの選手や関係者と

バスケの話をするときに感心されるそうです。

若い時は自分でシュートしたくなりますよね。

出来ないところを見るんじゃなくて、

できることや自分でやれることを考えて

プレイされてたんですね。

学生時代からさすがのクリエイター志向ですね。

スポンサーリンク

麒麟田村の結婚相手バスケ選手?

麒麟田村さんは2011年に

当時23歳だった一般女性と七夕婚されています。

奥様とは、2009年に共通の知人の紹介で知り合い、

約2年の交際の後、ご結婚。

結婚相手の方がバスケットボールの選手で

あったかどうか?はわかりません。

バスケットの話に奥さんのことが

何も書かれていないところを見ると、

バスケの選手ではなさそうです。

現在子供さんは3人いらっしゃいます。

2014年8月生まれの長女と、2017年1月生まれの次女、

2020年2月生まれの長男です。

2024年6月現在、9歳、7歳、4歳の

3人の子供さんを育てていらっしゃるので、

もしかしたら、田村さんがプロデュースされてる

子供バスケット教室とかに参加される

可能性はあるかもしれませんね。

お父さんの田村さんが日頃の遊びに

バスケットボールに親しむ要素を

取り入れていたらご家族でバスケットに

親しむきっかけにはなりそうですね。

子育て中の写真をSNSに投稿されてる様子は、

育児を楽しんでらっしゃるイクメンさんのようです。

奥さんと協力してあって仲良く子育てされる姿は

子供さんの成長にもいい影響を与えますね。

スポンサーリンク

麒麟田村のwikiプロフィール

麒麟田村 (きりん たむら)

本名:田村裕(たむら ひろし)

生年月日:1979年(昭和54年)9月3日 44歳

身長:180cm 体重:70kg

血液型:O型

出身地:大阪府吹田市

趣味:バスケットボール、漫画

出身:1997年NSC大阪校20期生

麒麟田村さんは漫才コンビ「麒麟」を相方の川島明さんと結成。

2001年(平成13年)に開催された第1回M-1グランプリで

無名のダークホースとして決勝進出したことで

漫才師として知名度が一気に上がりました。

2007年(平成19年)に麒麟田村さん自身の

幼少期時代から相方の川島さんとの出会いを書いた

自伝『ホームレス中学生』が発行されました。

赤裸々な極貧生活を綴られた内容に

200万部を超える大ヒット作となりました。

その後ご結婚され、3人の子供の父親として子育て真っ最中です。

育児番組の出演や育児に関する講演もあるそうです。

お笑い芸人、バスケのスクールプロデュース、子育てと、

ご自身の経験からお仕事が多岐に広がりつつありますね。

田村さんを見ていると、人生無駄なことはないって感じます。

大変な時期もおありですが、今はお仕事もバスケも子育ても楽しそうに見えます。

充実されてる感じがします。今後ますますのご活躍を楽しみにしています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました